小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時

吟剣詩舞道祭・反省会が終わって帰ろうとした時、大広間から聞こえる賑やかな音に引き寄せられて行くと別府大学沖縄県人会の若者たちだった。軽快な音と澄みきった歌声‼️ 一曲聴いて帰ろうと思っていたのだが、結局最後まで動けなかった。一番前列まで行き動画を撮ったがブログには動画を載せられないのでフェイスブックの方にuPした。

CEC07C89-7D6E-413B-9323-D08C68E6A921


E2BB9589-1E38-4A58-B997-36872707E48E


10月21日に行われた、国民文化祭おおいた2018の反省を込めて大分県の吟友100人以上が豊の国ランドに集まって飲めや歌えの大宴会。楽しいひと時でした。

この会を主催した多田鶯霊先生95歳‼️
84B693D4-575D-4341-984A-2A49BDA3F358


いつまでも元気よく趣味の散歩が出来る様にと出席者全員からジョギングシューズのプレゼント🎁
D31D2653-8C00-4265-934C-574F8D2A90E4


志賀丈霊顧問のご挨拶
4C0D3EBE-C3D0-4EB3-A8F9-2EE2C5416C85

11月23日表記大会が大分県農業会館6階大ホールで行われた。「深田宗家の吟調を未来永劫伝えよう」と始まったこの大会は今年で9回目、全国47詩道会を9ブロックに分けて各ブロックの予選を勝ち抜いた116人がプログラムにエントリー

796F5C6B-C867-4E86-A650-2EAA6EB2D8A5


     深田宗家の遺影を前に吟ずる為、緊張感が漂う会場
7FE12A06-3277-476C-8060-0F2435DDC613



     四部優勝・深田光霊賞・光霊流吟士賞を頂き大分合同新聞に載った。
952EB732-AF04-43ED-998D-323091DD235D



     緊張の表彰式
69D99D2E-2937-4609-BE12-A107B722E2D6


9年前の第一回大会の三部(55歳まで)で優勝後、審査員を務めていたが、指導者でもコンクールに挑戦して敗れて落ち込む姿や一生懸命頑張る姿を会員、特に子供たちに見せたくて59歳の時に四部に再挑戦して今回三度目の正直で栄冠を頂いた。
光霊流の会員である以上「光霊流吟士」の称号を頂いたのは大変嬉しく、身の引き締まる思いだ。
3902F799-D61D-4340-9BD0-25FBF01CC319


5E2308E2-C7BB-408F-9433-8B2DF94E44DC


78AC858F-BC81-4523-9ECD-08E93B564AD7



50BC8F5D-361E-40C4-9C87-4D9AB10E8FEE


A2659B72-407B-4C58-9D9A-017CA379D75A


33015F41-5E00-4576-B6D8-8E669A14F90C


     応援に駆けつけてくれた緒方母と長女ちひろちゃん
53CCC32B-87DD-4821-B4A6-738E1CC434C4

↑このページのトップヘ