小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:携帯電話 090-9405-2734  自宅 097-527-7030

〈剣舞の稽古日と場所〉
●本部教場 大分市下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時半~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日15時~17時(片島詩吟教室のあと)

[詩吟]の稽古日と場所
淡窓伝光霊流大分詩道会会長 石田苒霊(ぜんれい)
●片島分会 大分市片島
 毎週月曜日13時~15時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜16時
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日 9時〜11時
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時

大分市内は、ほとんど雪が降らない。
温暖化は益々進んでいるのだろう。

日田の実家を継いでいる長兄から
LINEで来たお墓と実家の降雪写真。

子供の時にはこんなものでは無く
長靴が沈んでしまう事が良くあった。

大雪が降った時には雪国の様に
かまくらを作って中でお餅を焼いて
食べた事もある。

暖かい冬は暮らし易いが、地球全体の
気候変動は困る。コロナ、豪雨災害、
地殻変動による地震、津波、火災。

2021年は、平和の象徴オリンピックが
開催できるような年でありますように🙏

B18CA031-4DA8-42CD-BD6D-D4E81BD446A0
6C981733-82DC-4C87-96E5-B3C541F83D09
117A6E9A-137E-44D1-A24D-D0100B77D67F

10月18日。
今年3月に行われる予定だった令和元年度の
ブロックコンクール決勝大会・宗家杯大会がコロナのため今日まで延期なっていた。
昨年度の行事を今年の10月にする事になるとは…
にっくきコロナめ〜
会場・大分県農業会
今年は異例づくし。
役員集合、受付は
8:00。審査員会議が8:30。開始9時と例年より一時間早い。
これは会場入りの際、看護師による検温、手指の消毒、マスク着用の確認。
吟詠大会では有り得ない不便な事だが、三密を防ぐために発声練習室と更衣室の廃止。
競吟中は、2本のマイクを使うが、1回1回マイクカバーの交換とマイクスタンドの消毒。
一定時間置きに
20~30分間の換気をするためで終了時間も例年より一時間半遅かった。
競吟会場内は無観客とし、客席は競吟者のみで2席空けての市松模様とし徹底した感染対策を実施した。
通常の実行委員に加えコロナ対策のための
実行委員も新たに委嘱することになった。
まさに異例づくしの大会であったが、それでも大会を開催できたことに感謝です。
全ての関係者の皆様本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

会員の受賞結果は、各部門合わせ決勝大会に全47人出場中私の会員が15人が出場した。
内14人が受賞する事が出来た。(優勝1人、2位5人、3位4人、入賞(4位)4人)
と皆さん頑張ってくれました。次回は更に上位を目指してほしい。

今日の合同新聞の朝刊に誾千代の記事が
再び載っていた。ありがとうございます。

D73DDE00-EBB4-4FC9-87B7-00D0D8B86DA5

↑このページのトップヘ