小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時

11月23日表記大会が大分県農業会館6階大ホールで行われた。「深田宗家の吟調を未来永劫伝えよう」と始まったこの大会は今年で9回目、全国47詩道会を9ブロックに分けて各ブロックの予選を勝ち抜いた116人がプログラムにエントリー

796F5C6B-C867-4E86-A650-2EAA6EB2D8A5


     深田宗家の遺影を前に吟ずる為、緊張感が漂う会場
7FE12A06-3277-476C-8060-0F2435DDC613



     四部優勝・深田光霊賞・光霊流吟士賞を頂き大分合同新聞に載った。
952EB732-AF04-43ED-998D-323091DD235D



     緊張の表彰式
69D99D2E-2937-4609-BE12-A107B722E2D6


9年前の第一回大会の三部(55歳まで)で優勝後、審査員を務めていたが、指導者でもコンクールに挑戦して敗れて落ち込む姿や一生懸命頑張る姿を会員、特に子供たちに見せたくて59歳の時に四部に再挑戦して今回三度目の正直で栄冠を頂いた。
光霊流の会員である以上「光霊流吟士」の称号を頂いたのは大変嬉しく、身の引き締まる思いだ。
3902F799-D61D-4340-9BD0-25FBF01CC319


5E2308E2-C7BB-408F-9433-8B2DF94E44DC


78AC858F-BC81-4523-9ECD-08E93B564AD7



50BC8F5D-361E-40C4-9C87-4D9AB10E8FEE


A2659B72-407B-4C58-9D9A-017CA379D75A


33015F41-5E00-4576-B6D8-8E669A14F90C


     応援に駆けつけてくれた緒方母と長女ちひろちゃん
53CCC32B-87DD-4821-B4A6-738E1CC434C4

平成30年度吟剣詩舞道大会が大分県農業会館で
行われた。各種大会の上位入賞者の
吟詠・剣舞・詩舞や空手吟なども行った。

国民文化祭を終えたばかりで、企画はもちろん
準備や練習に十分な時間が取れず心配で
あったが、大会役員が仕事に慣れている事も
ありみんなで一致協力して何とか好評のうちに
終わる事が出来てホッとしている。

次はまわり舞台、ブロック大会そして
鶴崎詩道会の60周年記念大会へと突入。

構成吟の最後を飾った坂本竜馬を思う
龍馬を演じた本城は剣舞でも吟詠でも
コロムビアの会員
CCBF0D58-E45A-4FD1-A053-ADA405DC78D8

空手吟の二人の形の演舞はとても素晴らしかった
1ABAB2B6-3117-4597-AE7E-6725AA0FD892
6D340432-003E-470D-AFC0-833CC19DBF8D

坂本竜馬と城山のメンバー
4CEA3FED-7F34-43F5-8CA4-3516BED2A79C

コロムビア全国大会準優勝の翔慧(左)と公財2位の翔龍(右)
DE6679A8-AE75-4AEE-A644-DCBB0430DE55

11月11日、佐伯文化会館で行われた国民文化祭に出演してきた。
B0D9AC25-EB40-44DF-9700-230C27F8326C


幼少年の「白虎隊」
4194F3F1-71AF-42BC-AA8A-A61EDA15A933


69D1FD78-3C47-47B2-A330-4F0A3C763633


A4937107-B8AD-41FE-A98D-6A1AEB0731F8


142533E1-E3D7-408F-B38A-2A1774819B8D


青年部の「坂本龍馬を思う」
60D8A6D5-DCAA-454A-842D-F6A0DAB22DE6


74EE9750-A770-42C7-93DD-181194D65CDB


「名槍日本号」
80CF2695-5281-4F16-A6DF-83AC62656B02


5624FB08-96DE-4BB0-894B-744D4D5D5050


フィナーレは全員で深田宗家作「日本を愛すを合吟
EED14B62-E3A5-4BB2-B9FF-C3B154C43CF4
DADB3374-A616-44C1-814E-7600D876F928

↑このページのトップヘ