小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時

IMG_3017

10月1日(日)ホルトホール大分で60周年記念大会が開かれました。29日、30日とリハーサルをして不安を抱えながら愈々1日の本番の日を迎えた。幼少年白虎隊は殆どが新らしいメンバーであり、しかも練習期間が無いため1日5時間の練習を何日も行うという超ハードな稽古に成ってしまったが親御さん達の協力のお陰でケガもなく良い仕上がりになった。リハーサルの時には間がズレたり、扇を落としていたが本番ではよく揃っていて感動した。また恒成先生の地吟が素晴らしく、子供達の迫力をパワーアップしてくれた。恒成先生には本当に感謝感謝です。惜しいのは小学校の運動会と重なり数名の子供達が欠場になった事がとても残念であった。

白虎隊の出番が終わってパチリ
IMG_3066


睡眠不足と筋肉痛で疲労困憊での独眼竜政宗
IMG_3061

足腰フラフラ、気力だけ(笑)
IMG_3056



公益財団の全国吟詠コンクール決勝大会に亨志郎くんと愛子ちゃんの二人が出場しました。
亨志郎くんが2位、愛子ちゃんが3位という結果でした。少し残念ではありますが、全国で2位、3位は立派なものです。同じ小学校の同じ5年生の二人は、これからもお互い切磋琢磨して優勝を目指して頑張ってくれる事でしょう。
             2位の亨志郎くん
IMG_2924

             3位の愛子ちゃん  
IMG_2938

二人仲良くパチリ、でも どことなく悔しそう。来年はワンツー目指そうね
IMG_2953

   いざ、決選前 コンダクター片手に一人で黙々と発声練習していた、偉いぞ!
IMG_2898IMG_2896







公益財団全国剣詩舞コンクール決勝大会が行われた。例年であれば幼年、少年、青年、一般一部と3~4人は全国大会に連れてくるのだが、今年はなぜか一般一部の末高先生が一人だけという結果だった。
昨年度は3位入賞という成績だったので今年は更に上を期待したのだが、力及ばず残念であった。今年は60周年大会などの大きな行事が多く、その群舞の稽古に時間を割かれたであろうし、振り付けを渡すのも遅れたため十分納得のいく練習が出来ず悔しい思いであろう、しかしこれも経験、来年に向かって精進してほしい。


 明日、吟詠コンクール幼年の部に出場する亨志郎くんと仲良くパチリ!
IMG_2895

↑このページのトップヘ