小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時










2017年11月5日、挟間詩道会発会50周年記念吟剣詩舞道大会が「挟間未来館」で開催された。
企画構成吟の中で子ども達の群舞「西南の役陣中の作」吟詠は、挟間出身の梶原光輝子(小天真道流で日本コロムビア吟詠音楽会々員) 大人の会員5人による群舞「将に東遊せんとして壁に題す」吟詠は石田苒霊(日本コロムビア吟詠音楽会々員)、そして翔祥と飛祥親子での「曽我兄弟」をさせていただいた。

子ども達は息もぴったりで、明治新政府軍と西郷軍の戦いを元気に、そして迫力を出しながら演じていた。また梶原光輝子も迫力のある吟をしてくれて剣舞の子ども達も踊りやすかったようだ。
DSC06972
吟詠はコロムビア吟詠音楽会会員の梶原光輝子さん
DSC06955

大人の会員5人も子どもたちに負けまいと、時間を見つけてはこの日のために練習を積んできた。その成果が表れたのか、大きなミスもなく立派に踊り終えた。 09E53BE2-AC11-4964-A9D9-173502D8E6132BDE2AD5-3BA8-4203-9457-252B14CB4ED67684CA1F-9B5B-4BEA-8D6B-D30C6B9AF0E1

そして最後に「曽我兄弟」。飛翔はこの舞台のため京都から前日に大分入りし、翌日にはとんぼ返りするという強行日程だった。私が一度京都まで行き、一晩中振りの擦り合わせをしただけで、十分な打ち合わせが出来ていない状態での舞台だったが、吟詠は元少壮吟士の工藤信霊先生、演奏は、明暗流尺八道士 秦 莫堂先生と今永先生親子というとても贅沢なコラボだったので飛祥共々これ以上ないというテンションで飛び出したのだが、音響担当者がリハーサルで使用した吟と伴奏入りのテープを間違って流したため秦先生親子は生の伴奏が出来ず手を止めざるを得ず、また吟の工藤先生もテープの声に負けじと気合を入れて吟じたが二重奏になりとても吟じ難い事であっただろうと思う。とんでもないハプニングでの蘇我兄弟であったが、終わってみればこれもいい勉強になった。身を置き換えて、今後自分達が各係をする時にはミスの無い様に十分に細心の注意を払おうと話し合った。
DSC07037

DSC07018





全てが終わり控室で着替えをしている時、首藤良祥前会長から子供たち全員にお菓子の差し入れがあった。会長ありがとうございました。挟間詩道会の秋吉会長ほか会員の皆様方には大変お世話になりました。とても素晴らしい大会に参加させて頂き本当にありがとうございました🙇🏻。
DSC07066

DSC06940
DSC06915
11月3日(金)、大分市立豊府小学校で「豊府まつり」が開催されました。
中学生の吹奏楽部による演奏やフラダンスの踊りがある中、小天真道流門下生の山田翔慧(小6)が剣舞「大石主税」を披露しました。小学1年生の時からこのステージで踊らせて頂き、早6年。翔慧をずっと見守ってくれた地域の方々から「大きくなったね~」「上手くなったね~」と声をかけられ、本人は少し照れくさそうでした。また、祖父母や翔心先生にも応援に駆け付けていただき、安心して踊ることができたそうです。遠方より来ていただいた翔心先生本当にありがとうございました。

ちなみに、昨年は石田宗家の吟で「牛若丸」を父娘で踊らせてもらいました^^   聡祥

 今日は大事な全国大会本番の日だというのに、昨夜リハーサルが終わり遅くに帰ってきてお風呂から上がったら玄関先でミャーミャーと子猫の声、今頃なんだろうと近づいて見ると生まれたばかりの真っ白の子猫が一匹。大声で母親を呼んでいる、このまま寝ることも出来ず、遠くから観察していたが30分経っても40分経っても母親が来ない。我が家の玄関は風があたりとても寒い、このままでは体温が下がってしまうのではないかと心配した。フッと思い出した、産まれたばかりの子猫は母親が30分経っても迎えに来ない場合は生存率が急激に下がるという事を! 仕方なく持ち上げてみた。へその緒が付いているその身体は案の定、氷のように冷たくなっていた。居間に連れて行き暖めてあげてミルクを飲ませたらスヤスヤと眠ってしまったが直ぐに泣き始める。心配で結局、朝まで一睡もせずお世話をすることとなった(笑)。 役員集合はホルトホールに朝8時、出かけようとしたらまた玄関でミャーミャーと鳴き声、出てみると今度は白黒の子猫が居た、たぶん兄弟だろう。親猫はどこにも居ない。朝になってこの子を捨てにきたのだろうか⁉️

まだ目も開いていない、二匹を手のひらに乗せても余る大きさ
IMG_3064

猫のツムツム?
IMG_3063

かわいく寄り添う兄弟
IMG_3039



↑このページのトップヘ