小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時

 朝4時出発で四浦半島沖に魚釣りに行った。今年は大きな行事があり毎日忙しいので久々である。港を出発して10分足らずで保戸島近くの漁場についた。保戸島の後ろから出る朝日はとても綺麗で素晴らしい。毎回この朝日に心洗われる。目的の獲物は、メーター超えのブリと真鯛。仕掛けは佐賀関の漁師とほぼ同じ、今回は大物狙いなので疑似餌の数は5本と少なめにしてある。大物が一度に来たら上げる間もなく仕掛けを切られるか、横っ走りされたら近くで船を流している漁師に迷惑を掛けるからだ。魚探でイワシの群れを探して仕掛けを落とすと水深30m~50mで指先にグルグルッとイワシの当りがある、そのまま海底まで落とすと底に着く間もなく、一気に腕が持って行かれる様な衝撃が来た。ビシ糸を持つ指の痛みに耐えながらブリとの格闘、やっと海面近くまで引き上げてタモ網を用意するが確保する直前にハリスを切られたり釣り針が伸び切ってバラすこと数回、今回はよく釣れるようにと仕掛けを細くしたことが災いした。メーター超えのブリを何とか釣り上げたかったがダメだった。だが写真の真鯛のほかハマチ・アジ・サバ・エソなどの釣果で、まずまずのお土産はできた。

                                   やはり天然の真鯛はきれいで迫力がある
IMG_2659 (1)


         
                 保戸島から昇る朝日はとても綺麗でした。
IMG_2623
IMG_2650        
IMG_2638


IMG_2628



↑このページのトップヘ