小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時

今日は義父の33回忌法要で久しぶりに義姉夫婦と法雲寺に集まった。32年前58歳で突然私達を残して逝ってしまった義父。

家族三人で楽しくトランプで遊んでいた夜、家の前の道路を救急車のサイレンが大きな音をたてて通過した。

何か胸騒ぎがしながらも、そのまま遊んでいると家の固定電話が鳴り女房の悲鳴に近い驚く声‼️

慌てて中村病院に行くと義父は私たちを待っていたかのように静かに息を引き取った。

ひき逃げ事故の犠牲であった。

52歳で急死した私の親父。
58歳で逝った義父の歳をとっくに超えて63歳となった今年。

終活を始めた。

今まで幾つもの仕事を同時に処理出来ていたのに・・・
一つ一つ処理をしないと、ミスすることが増えてきた。

体力と気力と記憶の衰えを少しずつ感じるようになった今日この頃。

先日、近くの脳神経外科で痴呆の検査を受けた。診断結果は痴呆ではなく、脳過労との事(笑)

原因はストレスとキャパオーバー、最大の原因は睡眠不足らしい。

一日2時間くらい、多くて4時間睡眠の生活習慣はもう何十年にもなる。

日田から大分に出てきた20代の頃、
「俺の死に装束はお袋の手作りを着たい、何とか縫ってください」と母親に頭を下げて縫って貰った。(未だ着る事なく仏壇の引き出しにある)
いま思えば母親に縫ってもらうなんて、何という親不孝な事をしてしまったのだろうか😭

生有る内に自分のお寺を決め、お墓を建てようと市内の墓地とお寺(真宗)を探し歩き、それぞれの住職から生と死について教えを受けたことがある。

私の生家は浄土真宗だが結婚した女房の生家は禅宗。なかなか難しい。

「法要」
今日は義父や先祖のおかげで、改めていまある自分を見つめ直す機会を頂いた。

5B2448D1-B4DE-4561-8817-C392A8103503


CAC165A9-3A40-407D-90BF-1D5897FED8C0

E868A827-2EE0-4975-933E-E15EBDBCC82D

0D8B762F-2D55-4015-9957-C503A31B468E
70396B35-338F-48AB-BBA7-1030794167B4

本日はこちらへ出演するため
昨日から千葉県へ来ております。
10/5がリハーサル、
10/6が本番でございました。

2EF18264-B3CD-4266-BB0E-801165E2CA03


たくさんの先生方とお会いでき、
お声をかけていただきまして
本当にありがとうございました。

自分の演舞と音響係を担当。
紅白剣詩舞合戦の音響は
さすがに緊張しました。

久し振りに父の吟での剣舞。
大分と京都で離れており、
稽古もなかなか出来ずでしたが、
そこは親子、合わせやすかったですね。

大会後の懇親会に参加出来なかったのが、ただただ残念です。

またの機会によろしくお願い致します!!!! by,飛祥

8CA82F13-11B2-49E9-BB04-1B1693332A23


C2CE09D2-598C-4116-AA52-43C14D0414DA


44E4A5BE-3413-413A-9BA8-3AC7F37946FC


D240959B-5C21-4C1F-9271-8F070E1C1F85


81A0207F-6057-42AE-A846-BA2C30F542F3


ご無沙汰してます、飛祥です。

Screenshot_20190327-045400_1

本日は俳優さん2人とTV取材。
カメラ囲まれるゎ、刀振ろうと
したら、頭上にガンマイクあるゎ😥

俳優さん達は刀は扱えるから
基本的な事ではなく、上級テクの
指導をと本番前の打ち合わせで
言われ...うぅーん、どうしよう..。
何するかまずは腕前見なきゃ

俳優さん登場、腕前を見たうえで
...はぁ..どうしよう💦💦

刀の重さに驚く(泣) 舞台俳優さんは
[竹光]でのチャンバラ主体、
例えば抜刀でも本当に抜くだけ..。
抜きつつ斬りつけて欲しい😣
時代劇の戦闘シーンでの主役と
戦ってる人...の周りで自分の番を
待ってる人の姿勢&構え。
腰は浮くし、振った刀は止まらない。
それじゃ へっぴ r...(自重)

一番印象的だったのが
「凄い!! 刀の音が鳴るんですね、
 自分達は音響さんが動きに合わせ
 ボタン1つです!!!!」
.....教えるの挫けそうだ..。
本人達は確かに振ってるケド、刃筋が
通っておらず、袈裟どころか真向でも
一切の無音。

何年の経験があっても、やってる
内容・求められる内容でこんなにも
違うのかと勉強になりました!!!!

Screenshot_20190327-045306_1

自分の怠慢にも もう一度、
同じ日本刀を扱いつつも似て
非なるもの、居合・剣舞...etc..
技術を見つめ直そうと思いました。

放送は4月下旬...京都放送なので
全国ではないです!!!!

ところで...そもそも番組の主旨は
俳優2人が京都で「男磨きをする」!!!!
...んっ、若いイケメン舞台俳優に?
私が??...えっ、私が?? テーマは?
コンセプトは??...お蔵入りかなー😱

Screenshot_20190327-045007_1

↑このページのトップヘ