小天真道流剣舞道

大分市で活動しております、小天真道流剣舞道のブログです。 日々の出来事等を綴って参りたいと思います。

小天真道流剣舞道 六世宗家 石田翔祥です。

本部道場は、大分市葛木にあり、下は3歳から上は92歳までの生徒さんが楽しく仲良く練習に励んでいます。
p1_sp2_sp3_sp4_s


【剣舞】とは、吟詠に合わせて刀(武具)や扇を持って舞う舞踊で、その振りには一般の日本舞踊とは異なって、古武道の型を尊重した独特の動きがあり、また演技者には武人としての気迫と格調がみられる。

※)始祖 福島多十朗真道 文政5年(1822年)~明治23年(1890年)享年69歳

興味のある方は下記へお気軽にお問い合わせください。
大分県大分市葛木115-32
本部道場:飛翔舘(ひしょうかん)
連絡先:097-527-7030
剣舞の稽古日と場所
●下郡「卓三会館」
毎週土曜日17時~21時半(17時~19時半 幼少年)(19時半~21時半 大人)
●片島公民館
毎週月曜日13時半~16時

淡窓伝光霊流大分詩道会指導者 石田苒霊(ぜんれい)
[詩吟]の稽古日と場所
● 東浜分会 大分市東浜2丁目公民館
毎週金曜日19時〜21時
● 剣分会 大分市牧1丁目公民館
第1・3・4木曜日18時〜21時 (主に幼少青年とその家族)
● 飛翔分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週木曜日10時〜12時
● 山水分会 大分市大道6丁目公民館
毎週火曜日14時〜17時
●すみれ分会 大分市葛木 飛翔舘道場
毎週金曜日10時〜12時

平成30年度吟剣詩舞道大会が大分県農業会館で行われた。各種大会の上位入賞者の吟詠・剣舞・詩舞や空手吟なども行った。国民文化祭を終えたばかりで、企画はもちろん準備や練習に十分な時間が取れず心配であったが、大会役員が仕事に慣れている事もありみんなで一致協力して何とか好評の うちに終わる事が出来てホッとしている。次はまわり舞台、ブロック大会そして鶴崎詩道会の60周年記念大会へと突入していく。

構成吟の最後を飾った坂本竜馬を思う
CCBF0D58-E45A-4FD1-A053-ADA405DC78D8

空手吟
1ABAB2B6-3117-4597-AE7E-6725AA0FD892
6D340432-003E-470D-AFC0-833CC19DBF8D

坂本竜馬と城山のメンバー
4CEA3FED-7F34-43F5-8CA4-3516BED2A79C

コロムビア全国大会準優勝の翔慧(左)と公財2位の翔龍(右)
DE6679A8-AE75-4AEE-A644-DCBB0430DE55

BD92C535-70B6-4F5F-AA2F-F7796505A095
オープニング「兜」に出たメンバー
280DA9E3-9B21-4156-A6AB-C6ABB11C7557

構成吟の「城」のメンバー
EFE012ED-F2D7-4D97-9536-82B7990D5B07


B5C6D386-C9AA-4E5D-8134-839C3D29CB71


幼少年剣舞 「城山」
969A7D55-E76E-497B-AC3D-80BA01B0179F

969A7D55-E76E-497B-AC3D-80BA01B0179F


皆さんよく頑張ってくれました(笑)
次は、佐伯の国民文化祭で白虎隊です。
またまた稽古、頑張りましょう😃

A4BAC532-E167-42C7-B20E-CF9FA4F15BFF


今日は上記のコロムビア全国決選大会と名流大会が行われた。
午前中は、幼少年から一般四部までの各地区を優勝又は上位で勝ち抜いて来た強者揃いの熱のこもったコンクールがあり。その後、若き未来を担う若人と題し、未だコロムビアの会員では無い幼少年が群舞で魅了した。

午後からは、名流の部、歌謡吟詠の部、そして紅白剣詩舞合戦と続いた。

コンクールに出場する選手たちの場あたり風景。
B85F2AD0-B55C-4A20-ABF5-45565E02C16A


私は歌謡吟詠の部で「信長」を舞った。吟詠は福岡の伊津野吟士。
FC699F8C-F11F-462F-B7DC-1273EAAE0FAE


FA4D42F5-D798-47B8-BFB7-CA8918A57A0B

404963D0-324E-455D-AD8B-9F0B716F71AA

↑このページのトップヘ